横浜女子大生風俗とのプレイ体験

○横浜風俗で清楚な女子大生とプレイ

なぜ男は横浜などの風俗嬢に清楚さを求めるのだろうか? 清楚という言葉を調べると「慎ましく美しい身のこなしの保守的な女性」と定義されている。果たして慎ましくて保守的な女子大生が風俗を仕事に選ぶのだろうか? どちらかというと、進歩的で性に対してオープンな方が風俗という仕事に合っている気がするのだが……。しかしお店側が清楚と謳っているのだから、間違いはないのだろう。慎ましくて保守的な性格だけど、性に対してだけは例外、とか。……やはり無理がある。考えてみると、およそ清楚の定義とはかけ離れた職業であるグラビアアイドル、AV女優なども、清楚を売りにしていることが多い。なんにせよ、清楚系の横浜風俗嬢を選べば黒髪の美少女が多いことは紛れもない事実なので、細かいことはあまり気にしないようにしよう。彼女たちは誰がなんと言おうが慎ましくて保守的な清楚系風俗嬢なのだ。ということにしておく。こういった自分好みの風俗嬢は必ず存在する。特に信頼のできるお店は多様な風俗嬢を揃えていてくれるので、そのお店の中から指名するようにすればいい。このようにお店や在籍している女の子も多種多様な横浜風俗を利用すれば、自分の好みに合った横浜女子大生風俗嬢と巡り合うことができるかもしれない。

○横浜風俗で女子大生と遊ぶ

また横浜の風俗で働く女のコとは具体的にどのようなコが多いのだろうか?

かつてのように借金をかかえていたり、ホストに狂っているようなコが思ったより少ないのは色んなところでも言われている。それに対し今はいわゆる普通のコ、特に横浜近辺の大学に通う女子大生の割合が圧倒的に多い。中でも元キャバクラ嬢という肩書きのコが一番高い割合をしめる。もともとは六本木など都会の歓楽街にあるキャバクラやクラブで働いたが、お店(キャバクラ)を紹介してもらったスカウトに風俗を勧められて……。という流れが一番多いようだ。

そして、現役のアパレル店員の割合も非常に多い。週に3~4日くらいショップで働いて、残りの日を風俗勤務にあてる。アパレル業界は給料が安く、都内で一人暮らしをするのに副業は必須らしい。渋谷109の某ショップでは9時~20時まで週6日働いて月給は15万円を切るというから驚きだ。特に女のコは男に比べて金のかかる生き物である。アパレル兼風俗嬢というのはもはや当たり前の時代なのかもしれない。横浜風俗ではこのようにキャバクラ・アパレル・女子大生とのプレイも楽しめるかもしれません。

関連記事

広島女子大生風俗嬢の魅力

女子大生風俗への憧れ

錦糸町女子大生風俗の楽しみ方

女子大生風俗で働く家庭教師の記憶

渋谷の女子大生風俗をリピートする男

日暮里女子大生風俗とその街の魅力