広島女子大生風俗嬢の魅力

・やはり広島女子大生風俗の嬢はゲキアツ!

というわけで、全国津々浦々、各都道府県の風俗を立ち回り、見聞きしてきた私の見解を述べさせて頂くなら、今、広島の風俗は前代未聞のゲキアツだと言うこと。
料金、容姿、プレイ内容、そしてどれだけ安く楽しめるかがそのお店の売り上げに直結し、それこそが実績になっていくのは百も承知だ。
しかし、それだけでは地方都市は戦えないのである。

地方は東京に比べて人が少ない。
それは広島も例外ではなく、訪ねたことはないが市内や繁華街から離れたらきっと山か海しかないような、そんな素朴な土地だろう。
だからこそ、一回でも肌を重ねようものなら、やはり気持ちものってくる。
東京なら相性が悪くプレイ内容が悪くても、まぁ次があるかと考えたりできる。
しかし、悪い意味ではなく狭さが際立つ広島の風俗はその一回が勝負なのだ。
肌を重ねる仕事だからこそ、相手に瞬間的に愛されるというのは重要だと思う。
そして、一回でどれだけ肌と心を擦り合わせ、満足出来るようにするか。
優しさをいつでもわすれない、広島女子大生風俗嬢の心(胸)のでかさには感服する。

・広島女子大生風俗の嬢はぶ厚い

これは決して、広島の風俗嬢が太っていると言いたいのではない。
誤解を招かないようにしたいのだが、決して悪口を言いたいのではないのである。
何といえばいいのかわからない。
体重や見た目からは分からない、身体の芯の筋肉に分厚さを感じるのだ。
両親の遺伝の問題なのか、はたまた土地柄なのか、基本的に身体はがっちりしている。
見た目が細い華奢なギャルでも、やっぱり触れてみると分厚いなぁと感じるのだ。

あの身体の芯の分厚さこそ、この広島の土地が密かに育む女性の美しさの1つだと思う。
プレイになるとその強さを存分に発揮して、惜しげもなく色々な体位で楽しませてくれる。
東京のやわな風俗嬢では痛がったり苦しんだり、実際に怪我をしたり骨を痛めたりするような体位でも難なくこなしてくれるし、なにより気持ちよさそうな顔をしてくれる。
あの顔がたまらなくなり、我慢しようにもできないほど射精してしまうのだ。
そうしてイクと、またにっこりと笑って、抱きしめてくれるのである。

・広島風俗の嬢は暑がり!

広島の風俗嬢の大半が暑がりで汗っかきが多い。
ピンサロでも汗だくになりながら、チンポをしゃぶってくれる。
この汗だくさが、なかなかに興奮する。

そして、この汗だくさはヘルスやソープでも存分にその効果を発揮する。
マットやベッドで懸命に汗だくになりながらのフェラやシックスナイン。
これだけでも充分満足感が得られるだろうが、やはり騎乗位だろう。
汗をまき散らしながら、あえぐ。
もちろん挿入の有無はあれど、この角度と健気さがたまらないのだ。
多くの風俗嬢は騎乗位をお願いすると苦手そうな顔をしるか、苦手だという。
これは実際に苦手なのもあるだろうが、まだまだ客を相手しなければならない嬢の場合は疲れたくないという意味もあったりするだろう。
このあたりの配慮が出来る風俗嬢は、個人的にはプレイが丁寧な子が多い。

しかし広島は苦手というよりも、恥ずかしいという嬢が多い。
そして、恥ずかしながらに下手でも上手でも騎乗位で汗だくになりながら腰を動かし、あえいでいる姿をみるとたまらなく愛おしくなり、こちらも最大限の感謝をもって射精したくなるのだ。このような部分も広島女子大生風俗の魅力といえよう。

関連記事

渋谷の女子大生風俗をリピートする男

池袋女子大生風俗と気分に合うお店の選び方

錦糸町女子大生風俗と性の苦労

女子大生風俗で働く家庭教師の記憶

私的渋谷女子大生風俗論

女子大生と遊べる都会の風俗店を説明